image
image
image

ワキガの原因とは

ワキガは深刻な問題です。ワキガの悩みを解決するためには、どのような方法があるでしょうか。ワキガを根本的に治療していくためには、まずはワキガとはどのようなしくみでどのような体質の人に起こるのかをよく知っておくことが大切です。
まず、ワキガとは病気ではありません。強烈な臭いをしていることもありますが、だからといってそれが重大な体の疾病を示すものではないのです。その証拠に、ワキガによってわき近辺の皮膚や筋肉が何らかの異常をきたしたり、他人に感染したりすることはありません。言ってみれば、生まれつきのその人の体質なので、治療をしておかなければ将来的に何らかの健康を害する症状となるというわけではないのです。
ワキガの原因は、ほとんどの場合で先天的な遺伝的な要因です。ワキガが起こるのは、わきの下にある汗腺である「アポクリン腺」という場所から分泌される成分に細菌が繁殖をしてしまうためです。アポクリン腺は個人の体質によって量や大きさが違うので、アポクリン腺の特に大きな人はワキガが起こりやすくなってしまうのです。
日本人だけをみると、全体の約1割がワキガ体質と言われています。これは欧米などの人種に対してかなり少ない割合です。日本人は体臭そのものがあまり無い人の方が大半なので、ワキガのように体からの臭いが強い人は余計に目立ってしまうのです。ワキガは、本人の意思にかかわらず周囲の人に大きな影響を与えてしまいます。